クリニックのひげ脱毛の痛みは耐えられる?

クリニックのひげ脱毛の痛みは耐えられる?

医療レーザー脱毛は「耐えられる痛み」

イメージ

医療レーザーや、光脱毛施術の宣伝で、よく「痛くない脱毛」というキャッチフレーズが用いられることがありますが、全く無痛の脱毛は、実際にはあまりありません。たしかに、我慢できる痛みではありますが、施術部分によっては痛みを強く感じることがあります。

 

また、脱毛効果を出す為には、やはりレーザー機器の出力を高めにして施術することが最も重要ですので、痛み、イコール早く施術が終わり、効果が出るということになります。

 

医療レーザー脱毛の施術では、痛みに弱い人のために、様々な麻酔を用意しています。だから痛みを感じるとしても、耐えられる程度の痛みに抑えることは可能です。

 

一般に、麻酔にはクリームが用いられることが多いのですが、その他にも笑気ガス、そして局所用の麻酔注射、それから抗生剤内服などの方法があります。麻酔が有料になるクリニックもあります。でも、より快適に施術を行うためには、数千円の出費は問題ないでしょう。

 

繰り返すことによって最大限の効果をうむ脱毛施術ですから、なるべく毛の生えるタイミングに合わせて、医療レーザー治療を定期的に進めていくといいと思います。

 

例えば、一般に痛みが少なく照射面積の多いダイオードレーザーを用い、吸引式照射システムが高い効果を実感できるクリニックがおすすめです。

 

痛みのケアをして計画的な施術を

痛みの感受性については、個人差がありますが、男らしく痛みに耐えるなんてナンセンスです。すこしの痛みでも、しっかり施術者にその旨を伝えて、適切な痛みのケアをしましょう。痛みが気になって、定期的な施術をいやいや受けるよりは、事前準備をしっかりして、計画的な施術を行うことが最大の効果をうむからです。

 

早く、しかも安全、確実に脱毛処理を行うには、医療レーザー治療による脱毛施術が結局のところ早道のようです。

 

だいたい数回目から効果を実感できて、早い人では6回くらいで部分脱毛施術が完了する医療レーザーは、光脱毛に比べて半分くらいの施術、照射で済みますので、非常にリーズナブルで現実的な選択といえます。